料金について

訪問看護ステーション ナースアテンダントTOP料金について

介護保険を利用した場合

利用料の自己負担は、サービス費用の1割です。但し、以下の場合は自己負担となります。

  1. 利用限度額を超える利用部分
  2. 通常のサービス提供区域以外までの交通費
  3. 保険適用外サービス(移送付添いなどケアプランに含まれないもの)
(訪問看護の主なサービス料金)
訪問看護利用(1回) 単位数 1割の自己負担額
20分未満 316 343円
30分未満 472 512円
30分以上60分未満 830 900円
60分以上90分未満 1,138 1,234円
夜間・早朝・深夜の加算 (1回)
夜間(18時〜22時) 25%増し
深夜(22時〜6時) 50%増し
早朝(6時〜8時) 25%増し

*実際の費用は「単位数×地域単価(横浜市の場合は10.84)」で計算します。

介護保険の在宅サービスには、要介護度に応じた利用限度額が設けられていて、その範囲内で利用することができます。上限を超えて利用するときは全額自己負担になります。施設サービスには利用限度額はありません。

(1ヵ月あたりの利用限度額と自己負担額の目安)
介護度 利用限度額 自己負担額
要支援 要支援1 4,970単位 5,388円
要支援2 10,040単位 10,884円
要介護 要介護1 16,580単位 17,973円
要介護2 19,480単位 21,117円
要介護3 26,750単位 28,997円
要介護4 30,600単位 33,171円
要介護5 35,830単位 38,840円

*1単位を10円として計算した場合の目安の金額です。
*実際の費用は、「単位数×横浜市の地域区分単価(10.84 円)」によって計算。

在宅サービス利用者負担助成(横浜市独自制度)

在宅サービスの利用者負担(1割)を負担することが困難で、一定の資産・収入基準に該当する方は利用者負担が軽減されます。訪問介護などの在宅サービスやグループホームが対象です。詳しくは区役所保険年金課にお問合わせください。

医療保険を利用した場合

医療保険によるご利用では、利用者の年齢や疾病、加入する保険制度により自己負担額が変わります。

後期高齢者医療保険 75歳以上(一定障害者65〜74歳) 1割または3割
国民健康保険 70〜74歳 1割または3割
健康保険 70歳未満 原則3割
義務教育就学前 2割
(主なサービス料金)
訪問看護 基本療養費(I)1日あたりの料金
区分 - 利用料金
月の初日 2日目以降
基本療養費 5,550円
(週4日目以降は6,550円)
管理療養費 7,300円 2,950円
高齢受給者(70〜74歳)
後期高齢者(75歳〜)
1割負担 1,290円 850円
(週4日目以降950円)
3割負担
(一定以上の所得の方)
3,860円 2,550円
(週4日目以降2,850円)
健康保険の被保険者 3割負担

疾患や症状により、1日に複数回訪問した場合以下の費用が加算されます。

  1割負担 3割負担
1日に2回の訪問 4,500円 450円 1,350円
1日に3回以上の訪問 8,000円 800円 2,400円

その他、時間外(夜間早朝深夜など)加算や、特別加算(気管切開やカニューレ装着など)などあります。
詳しくは、主治医や訪問看護ステーションにお問い合わせください。

自費の場合自費による訪問看護サービス Nurse Attendant

介護保険や医療保険の適応範囲を超えた場合や、保険適応外利用(病院受診時、移送時、冠婚葬祭、旅行等への付添いなど)については自費によるサービス提供も可能です。
ご希望の看護内容や料金については、当ステーションにお問合せください。

種類 利用料金
保険適応範囲を超えた訪問看護利用料 3,000円/30分
保険適用外の訪問看護・移送付添いなど 基本料2万円(3時間以内)
以後30分ごとに3,000円を加算
ページトップへ